【進捗状況】☆雑司が谷駅前プロジェクト⑤

みなさま、こんにちは(^-^)

 

 

 

 

 

今日はじっとりとした梅雨らしい日ですね。

 

天気予報によると再来週くらいには梅雨が明けるかも!?と報道されていました。

 

 

 

 

さて、本日は≪雑司ヶ谷駅前プロジェクト≫の進捗状況をお届けいたします☆

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

先日よりも工事が進み、基礎型枠工事を行いました!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

組んだ鉄筋に沿って型枠を設置していく工事です。

 

 

鉄筋を両側から挟むようにして設置します(^O^)/

 

 

 

 

 

 

使用している型枠は【コンクリートパネル】と呼ばれているものです!

 

 

 

 

 

 

剥離剤が塗って表面をつるつるさせているので

 

型枠が外しやすく、何度か転用することができます☆

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして!

 

 

 

この型枠と型枠の間にコンクリートが流し込まれますよ~!

 

 

 

 

 

 

 

その工事をコンクリート打設と言います(^O^)/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

生のコンクリートが入っているコンクリートミキサー車と

 

 

 

 

コンクリートを圧送するためのポンプ車です! 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 コンクリートの打設前には生コンクリートの検査を行います(*^_^*)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

検査の概要は...

 

 

 

 

1、スランプ検査

コンクリートの流動性を調べる検査で、流動性が高いほど流し込みの際に空洞や

ジャンカしにくくなります。

 

2、空気量測定

空気量の「多い」「少ない」でコンクリートの優劣が判断されます!

空気量が多いほど圧縮強度が下がります。

 

3、塩化物イオン濃度検査

コンクリート中に含まれる塩化物イオンの濃度を測定する検査で、濃度が高いほど

コンクリートの中の鉄筋がさびやすくなります。

 

 

 

 

 この検査に無事合格するとコンクリート打設が始まります☆

 

 

 

 

 

 

 

 

この時打設していたのは1階スラブです!

 

 

 

 

 

スラブとは床版のことで、一般的には鉄筋コンクリート造の建築物において、

床の荷重を支える構造床の事を言います。

 

 

 

 

なので1階スラブは1階の床という意味です!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ポンプ車のホースからコンクリートが圧送されている様子です!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

打設した部分からトンボや鏝をつかって大まかに均していきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

打設完了後、コンクリートを硬化させたら墨だしを行い

 

ようやく躯体工事が始まります!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 本日はここまでです☆次回もお楽しみに♪


東京 世田谷区 三軒茶屋にある不動産会社

新築一棟投資マンションプロデュース

株式会社FROM(フロム)

世田谷区三軒茶屋にある株式会社FROM(フロム)・FROM SHOP(フロムショップ) 賃貸・売買・一棟投資デザイナーズマンション・戸建のことならお任せ下さい

TEL:03-5432-7717

http://www.fromstyle.co.jp/