【進捗状況】☆神田須田町プロジェクト⑪

 

さて本日は、≪神田須田町1丁目プロジェクト≫の進捗状況をお届けします☆

 

 

前回は杭頭処理についてお伝えしましたね(*^-^*)

 上の写真のドリルで杭の打ち上がりの杭頭をハツリ壊すことを杭頭処理といいます。

 

以前行っていた山留工事の様子がこちらです↓

掘削作業の際に土砂が崩れないように、壁を作る事をいいます(*^-^*)

 

 

 

そして山留が崩れないように支えているのが

下の写真の赤い部材で「腹起こし」というものです☆

そして今回、厚さ150mmの捨てコンクリートを打設しました(^O^)/

 

捨てコンクリートとは、地下の土を掘り終えて地盤を固めた後に打つコンクリートです。

建物の床になるものではなく、建物を建てるための基準線を出す、地面をならすことで足場をつくりやすくしたり、職人さんの作業をしやすくしたりする、などが主な役割になり建物をつくる作業をするためにとても重要な役割を果たしています(^^♪

 

 

 

 

 杭頭も綺麗に処理がされています(^O^)/

 

当現場は、全部合わせて杭を12本打ちました!

 

この鵜伊藤の鉄筋と新たに鉄筋をからめて、基礎を作り上げていきます♪

 

 

 

 

 

 

本日はここまでです☆

 

それでは次回もお楽しみに♪



世田谷区三軒茶屋にある株式会社FROM(フロム)・FROM SHOP(フロムショップ) 賃貸・売買・一棟投資デザイナーズマンション・戸建のことならお任せ下さい