【進捗状況】☆白金台4丁目プロジェクト⑤

 

本日は≪白金台4丁目プロジェクト≫の進捗状況をお届けします☆

 

 

先日は山留工事の様子をご紹介しました!

おさらいですが、山留工事とは、掘削工事をするときに側面を保護して、周囲地盤の崩壊や、土砂の流出を止めるための工事です。

 

そして今回は根伐工事を行なっておりました!

基礎をつくるスペースを確保するための土を掘削する作業になります(´∀`)

 

 

以前ご紹介した山留H鋼。

この間に矢板を挟んでおり、土砂をせき止める壁を作っています(^.^)

 

そして、山留が崩れないように支えているのが

腹起こしという部材です。(赤の鉄骨の部分です)

 

腹起しのぶつかった部材は火打ちといいます。

長辺の腹起しと短辺の腹起しのぶつかった部分の補強・変形を

防止するための部材でコーナー付近の長辺と短辺をつないでいます(#^.^#)

 

 

だいぶ深いところまで掘削作業を行っていたら

以前の打ち込まれていた鋼管杭が出てきました(#^^#)

 

そしてユンボという重機で、決められた深さまで掘り進めていきます!

決められた深さというのは支持層といい、建物の重さに耐える強さを持つ

地盤・地層をいいます。

 

建物が傾いたり沈んだりしないように支持層の上にしっかりと

基礎を設けることがとても重要です ^^

 

 

山留も以前に比べると、深いところまで矢板が挟まれています。

矢板を入れるスペースは、スコップ等を使って手作業でつくっていきます( ゚Д゚)

 

 

 

 

 

本日はここまでです☆

 

それでは次回もお楽しみに♪



世田谷区三軒茶屋にある株式会社FROM(フロム)・FROM SHOP(フロムショップ) 賃貸・売買・一棟投資デザイナーズマンション・戸建のことならお任せ下さい